転職だと思える仕事に出会え、尊敬する上司に出会えた職場にいれる幸せ

私は、高校3年生になっても将来なりたい・やりたいと思う仕事がなく卒業して就職するのか大学に行くのか何も決めていませんでした。

ただ漠然と「何かの役に立っている人の力になれる、縁の下の力持ちのような仕事ってあるのかな」という思いだけがありました。

けど、それが何なのかを探すこともなく、資格があった方が良いという理由だけでとりあえず医療事務の専門学校へ行きました。

2年間勉強をした時に「病棟クラークコース」という科があり、そこで初めて病棟クラークという職種を知りました。

事務よりも体を動かしたいという理由で、そのコースを選びました。

あまり知られていませんが、病棟で看護師や看護助手の補佐をする仕事です。

その内容は病院によって事務作業メインや介護メインと違うため、どこに就職するかによって仕事内容が変わります。

ただ何をメインにしたいかも分からず、家から近い就職先を選んだのが今の就職先を選んだ本当の理由です。

就職先の病院では、5階まで病棟があり、各階に1人の病棟クラークが所属しています。

私は、就職して1ヵ月後には1つの部署を任されるようになりました。

初めは教えてもらった内容を毎日ただ必死に時間内に終わらせるということだけを考えて、仕事をしていました。

1人だということで、仕事が出来ていなくても自分でどうにかしないといけないのは社会人1年目の私には、とても大変でした。

それに仕事の内容は、正直細かくいうと膨大で、覚える事が本当に大変でした。

1年たってようやく慣れ始めた頃に、病棟クラークの業務の見直しというものが行われました。

看護師の仕事で、他に何か補佐できるものはないか、自分で考えて看護師と話し合い、病棟クラークの業務にするという事で、「自分に任される仕事が増えるんだ」と嬉しく思いました。

仕事をしていると、患者から「ありがとう」と言われ、看護師からも「ありがとう」と言われる仕事に、私は高校の時に何気なく思っていた「何かの役に立っている人の役に立ちたい」と思っていた仕事は、この仕事なんじゃないかと思うようになりました。

患者のために働いている看護師の補佐をし、補佐できる内容は何かと自分で考え、その事を業務にしていくという仕事は「縁の下の力持ち」だと思いました。

看護師からの感謝は私にとって、とてもやりがいを感じるようになっていきました。

そう思うようになってから、毎日仕事に行くのが楽しみになるようになりました。

今まで以上に、看護師とコミュニケーションを取り、今何をしたら助かるのか、自分にはどこまで出来るのか、と考えながら先を読んで先回りして仕事をする事が楽しくて仕方がなかったです。

看護師からもここを手伝ってほしいと頼られるようになり、病棟クラークがいてくれて本当に助かっていると言われるようになりました。

私は、何をしたいか具体的な仕事がなかったけど、自分に合った転職に出会う事が出来たと思いました。

そして、この就職先で、最高の仕事に出会えた事ともう1つ人生で人を尊敬するのは初めてという尊敬できる上司に出会えました。

病棟クラークは少人数で全員で8人しかおらず、20代の女性のみで働いている職種です。

各階1人で別々の仕事をしているため、病棟クラークといっても単独行動が多かったのですが、月に1度の会議では、自分の仕事内容などを話す機会があったり、と他の病棟クラークとも接する機会はありました。

その個人行動が多い、病棟クラークをまとめてくれていた1番上の上司が私の憧れる先輩です。

中学、高校と帰宅部だった私には、初めての先輩という存在でした。

先輩がどういうものかよく分からず、指導してもらっていて、敬語も上手く使えていたのかなという感じでした。

仕事の早さはもちろん、的確に看護師の補佐をしている所を日々見て、こんな風になりたいと仕事の面でどんどん尊敬するようになっていきました。

仕事内容を見て、自分にも出来る事は教えてもらい、その人みたいになれるようにと必死で仕事を覚えました。

仕事だけでなく困った事や辛い事があれば、すぐに気付いてくれ、仕事が忙しくても、話を何度も聞いてくれました。

どうすれば仕事がやりやすくなるのか、アドバイスをたくさんくれ、時にはダメな所はダメだと叱ってくれました。

自分のために叱ってくれる先輩に初めて出会ったと思いました。

さらに上の上司にも、臆することなく自分の意見を伝え、私達部下をいつも守ってくれていました。

自分の事は後回しにして、部下の事を優先に考えて行動してくれていました。

そんな風に仕事もでき、上司からも部下からも信頼されいて、自分より人の事を先に考えることができる心の大きさに憧れ、こういう人間になりたいと初めて人を尊敬することが出来ました。

こんな風に転職だと思え、人生で尊敬できる人に出会えた職場にいれる事は本当に幸せな事だと思います。

これからも、看護師のために何が出来るのかを考えて仕事を楽しくやっていきたいと思います。

私にも、後輩が出来たので、後輩にこんな先輩になりたいと思ってもらえるような先輩になっていきたいと思います。

毎日やりがいのある仕事が出来て、楽しく仕事が出来ていることを誇りに思います。