「美容師」カテゴリーアーカイブ

ヘアメイクと美容師を経験して嬉しかったこと大変だったこと

私は高校生の頃からメイクに興味があり美容師免許を取得、美容師として働きながらブライダル等のヘアメイクをしております。

普段はお客様の日常に寄り添い、その方その方の生活スタイルにあったヘアスタイルを提供する事が仕事なのですが、ヘアメイクとなると少し違って来てお客様の人生のイベントをより華やかに盛り上がる仕事になります。

その時は人生の一部に関われる気がしてとてもやり甲斐を感じます。

特にブライダルはご自身が主役になる大切な日です。

ご自身だけでなくお母様お父様も含め人生で一番輝くひといっても過言ではないかと思います。

そんな日の一部に関われる事、またヘアメイクという花嫁さんとより近い立場だからこそ味わえる感動は何にも変えられない喜びを感じることができます。

他にも印象深いのは成人式です。

美容師として10年ほどになりますので、入社時10歳だった子が20歳になると言うとても感慨深い1日でした。私が務める美容所は親子で来て頂いてる方も多く、お母様とも娘さんとも親密にお話しさせていただくことができます。

娘さんが成人式を迎えられヘアメイクをさせていただき、お母様の喜びも近くで感じる事が出来ました。

また普段カット等をさせて頂く時にキャッキャと楽しそうに話してくれるあどけない子が、振袖を着て髪も結い普段とは違うメイクになると少し大人びて見え私たちもジーンとします。

ヘアメイクや着付け後ありがとうと、こちらがお礼を言ってもらえ、思い出だからと写真まで一緒にとってもらえて毎年毎年本当に嬉しい一日が成人式です。

とても良い先輩もいらっしゃいました。

技術がうまいのはもちろんでしたが人間的にとても優しい方でその先輩がいて下さったから頑張れた時もあります。

よく覚えているのは、他の先輩が「今日の服私と色被ってる」と因縁をつけて私が怒られていた時に助けてくれた事です。

実際私もなぜそんな事で怒られないといけないのかとモヤモヤしながら怒られていました。

そこに来てくださり「先輩でお給料も多くもらってるんだからあなたが違う服を買って来たらいい。」と一括してくれました。

また「先輩は後輩より多くお給料もらってる。それは後輩を指導する分としてだ。偉そうにするためではない。」

と周りの先輩に言ってくださり当時の後輩たちの立場や待遇を向上させてくれました。

レッスンをしていてもただダメだと言う先輩もいましたが、その先輩はどこがダメなのか一緒に考えてくれたり、私たちまで目線を落として同じ立場で物事を考えてくれました。

私ももちろんそんな先輩のように後輩を指導していたつもりです。

後輩たちが休みの日も「買い物行ったら先輩の好きそうなもの売ってました!」とかくだらないことでラインをくれたりするのを見ると私も少しはそんな優しい先輩に近づけたのかなとうれしく思います。

もちろん大変なこともたくさんあります。とくにアシスタント時は大変でした。

普通のサラリーマンと違い美容師ら未熟なままの就職になります。

そのためレッスンはもちろん下積みが必要です。

営業中は先生や先輩のアシスタントとして、お使いからお茶の準備、朝は一番に出社して鍵を開けたり、ヘアメイクのアシスタントとして外部の仕事に行けば荷物もち、挨拶回りの手配と正直小間使いのようでした。

しかしそれも先生や先輩から技術を教えてもらったり、仕事を貰うための工程で、しっかりアシスタント業務ができると信頼してもらえ、外部の仕事に連れて行ってもらえたり、可愛がってもらえるので頑張るしかありませんでした。

レッスンは営業後に行いますが、もちろんお給料は発生しません。

営業後10時、11時になってもレッスンが終わらなく泣きそうになりながら練習したこともありました。

自分の為といえばそうなのですが、クタクタになった営業後に何度も何度もやり直して練習するのは正直辛かったです。

それに美容師は高校卒業後専門学校に2年通って就職になるのですが、私の通っていた高校は9割の子が大学に行く高校でしたので、みんなより2年早く就職することになります。

大学生なのでみんなとても楽しそうに遊んでいて、サークルにバイトをしていました。

その中で1人働いていると遊びに誘われても行けなかったり、旅行に行けなかったりするのは少し寂しかったです。

休みも月曜でしたのでみんなと合わなかったです。

そんな時友達のSNSをみるとみんなで集まって遊んでいる写真が出て来たりして、しばらくSNSを見るのが嫌な時期もありました。

また働き始めて5年目に結婚もしたのですが、旦那とも休みが合わずさみしい思いもしました。

朝は5時に起きてお弁当を作ったついでに晩御飯の下準備をして洗濯をしてから出社、帰るのは後輩のレッスンを見た後なので10時を過ぎることも多く、遅くに帰ってから朝準備をしておいた夕食を作り、洗濯をたたみやっとお風呂に入れるのは12時近くでした。

美容師は時間の束縛が厳しいと思います。

その割に個人営業のお店でしたので、ボーナス等もなく「時間の割にお給料が伴っていない」と言うのが現状でした。

よく保育士さんや介護士さんの就職形態を見直すという話を聞きますが、人の生死に関わらないとはいえ美容師は全体的にブラックな所が多いと思うのでぜひ見直しをしてほしい業者だと思います。