パワハラが当然の会社で私が思うこと、パワハラが横行する会社での私の立ち振る舞いについて

■パワハラが蔓延している会社で私が思うこと

私の会社はおおよそ一般的な事業所ではなく、非常に非日常的な環境が毎日待ち受けているような現場で勤務しております。私は、事務所と工場をいつも、慌ただしく往復する技術指導員で、技術指導員でありながら、企画の仕事や起案等、書類を回す仕事が非常に多く、経理に関わる仕事にも多数就いております。

そのような事務量が多い職場の中で現場もスムーズに回さなければならない状況であり、非常に複雑多岐に及ぶ仕事を有していると言った状況であります。

その中で、生産工場である受け持ち工場から事務所に帰って来た際に待ち受けているのは、いつも、待ってましたと言わんばかりの怒号と怒声です。

無駄に配置された制服組から容赦ないどうでも良いことの報告を求められる上に、それが忙しすぎてできない状況なんて一切言わせないような雰囲気にさせると同時に大声で全員の前で怒鳴り上げると言うことを、いつもしてきますので、いつも非常に困っております。

また、このような状況の時に私としましても、いつも耐えられなくなり、かなり凹んだ雰囲気を放つのですが、それすらも許されないような環境で、当然のごとく怒鳴り上げた上にその件についての報告書と始末書状況によっては3点セットで提出を求められるような形になってしまいますので、その怒鳴り上げられた上での報告書と始末書に対して更に恒常業務が遅れるような形で、その報告書と始末書を書くが故に、現場である工場に入れない時間が続き、更にそれによって工場の担当者から現場が回らないと電話が入り、どうしようもないような悪循環が続くと言う形に陥ってしまいます。

更に一度、できないレッテルを貼られてしまえば、次から次に一年ごとに入れ替わる幹部職員に申し送られる形になり、更に厳しい上司に当たるような状況になった際には開口一番で怒鳴り散らされると言う状況に陥ってしまいます。

一度負のスパイラルに巻き込まれてしまった後は、どうすることもできなく、ヒタスラ我慢し続けるしかありません。

それを外部に相談しようものなら、追い込んで辞めさすと言うような感じで脅されたりもしましたので、非常に冷酷で非常識な職場であるなと痛感しました。

■口だけで全く業務に携わろうとしない上司について

私は、本当に自分自身が従事している会社が嫌でたまりませんでした。その理由としては、無数にあるのですが、その理由の一つとして、上司が、全く業務に介入してこないと言う机上の空論だけで物事を進めて、その憶測だけで判断して引き留めて怒こることに時間を費やして更に問題が山積すると言う状況でしたので、その上司を分からせるのに非常に苦労すると言う点が挙げられると思います。

例えば、工場の運営についても、工場に配置されている違う部署の職員については、笑顔で対応して、「何か問題があれば 遠慮なく私に言ってください。」みたいな形で、対応するのに対し、私対しては、その工場の職員の影響で発生している、ありとあらゆる問題についても私に投げてくると言うような感じで非常に腹黒い職員であると同時に憎しみが込み上げてくると言った心境になります。

■ブラックの代名詞である私の会社について

意味の分からない報告書、始末書、理由書等は当然のごとく次から次へと降りかかってくる形になる一方で、更に土日までもサービス残業で費やされると言った状況が待ち受けております。

それは、工場が稼働している朝の7時から夕方の5時までは、業者との連絡以外、全て工場での技術指導に時間を割く形になり、夕方の5時以降に事務所に帰ってきてからは、日中できなかった事務処理を脇目もくれずに実施する形になりますので、非常にハードな毎日であるのです。

その事務処理の内容としましては、工場での日報や、安全管理日誌の整備や、工場で発生した賃金の収支による決済まで多岐に渡りますので、その事務を工場での忙しい新人への技術指導が待ち受けている上に、半端無い事務量まで抱えるような形となりますので、それがあるが故に休日出勤も技術指導員が全て無言で土日も出勤している形になりますので、私も出ないといけない状況に必然的になってしまうのです。

そこで私が、見るものは、個人ごとに黙々と仕事をする技術指導員達の姿で技術指導員同士で悩みを共有することもあれば、工場の運営方法や後輩を叱り飛ばすような形でここでも怒号が飛び交うシーンが発生します。

こちらのエピソードでも近いものがあります。

私は、非常に少人数での土日のこの空気が嫌で何度も帰りたかったのですが、全員が出ている状況で私だけ出ないことを経験したことがあったのですが、そうしますと平日に烈火のごとく嫌がらせを受ける形になりましたので、土日は結局出勤するような状況になりました。

しかも何も無い日についてはサービス残業で当然のごとく土日が潰れる形になる一方で、最悪なことに即売会と言う行事があるのですが、その行事に必ずと言って良い程強制参加させられてしまいますので、その勤務員に当たった日も凄く嫌で、販売ノルマを達成できなかったら、嫌がらせが発生すると言う状況でしたので、あまりにもブラックすぎる環境に耐えかねて、当然ながら転職しました。今では辞めて済々しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です